おすすめ!ラノベ『14歳とイラストレーター』は絵描きのリアルなところが書かれていて面白い!

Episode #492

筆者はよく書店へ行き、面白そうな本を見つけては買っているのですが、その中でも特に面白かった『14歳とイラストレーター』というラノベ紹介します。

おおまかなあらすじ

これは主人公である売れっ子イラストレーターの京橋悠斗(P.N ユウト)がひょんなことから出会ったユウトのファンでコスプレイヤーをしている乃木乃々香(C.N ののの)に世話を焼いてもらいながら、イラストレーターのリアルな現実を知ることができる作品です。悠斗と乃々香の出会いは夏コミで悠斗のサークルの売り子を乃々香が手伝っていた。その後、悠斗の友人であるイラストレーターの倉山錦(P.N 二色)と一緒に打ち上げをしたのだが、悠斗が飲みすぎてしまい一人で帰れない状況に…..そこで乃々香が家まで送ってくれるという事になり二人は悠斗の自宅へ向かった。悠斗が朝起きるとそこには想像もしない状況があった…!

おススメポイント~イラストレーターのリアル~

この本は実際に活躍しているイラストレーターさんが太鼓判を押すほど数字や生活にリアリティーがあるそうです。それもそのはずです。この本の企画をイラストレーターの溝口ケージさんが行っています。ですので、読者のしらない絵描きならではの裏事情が満載の作品になっていました。また、少々固有名詞が他の作品よりも多く使われているのもリアリティーがあって面白かったです。(例えば悠斗の買飼っている猫の名前がワコムだったり、SAIという存在するソフトで絵を書いていたりします)

まとめ

久しぶりにとっても面白い本を読んだ気がしました。これはぜひアニメ化してほしい作品だと思っています。皆さんも是非読んでみてください。また、書店にいくといつも新しい発見をすることができるので行ってみるといいと思います。

NijiPicoをフォローして最新のFeedを入手