【18きっぷ紀行】2017春 大垣〜大阪編

Episode #211

18きっぷ紀行 2017春 三都市遠征
今回で第3回目となります。
前回 ─大垣 聲の形聖地巡り編─
そして今回は大垣~大阪のお話をしようと思います。

18きっぷ紀行一覧

さらばJR東海 米原へ

大垣で聲の形の聖地巡りをして次に向かう地は米原です。
米原より西の在来線はJR西日本の管轄になるのでこれでJR東海とはお別れとなります。

そんな大垣米原間ですがやはりJR東海と言えば313系
クロスシートに座れるかなと心配していました。
結果から言うと座れませんでした。
名古屋方面から到着した人たちが先に並んでいたため列の後ろの方になってしまいこれは無理だな感じました…


東海道本線 米原行き 225F 313系0番台

幕が時代を感じさせますね。
実はこの列車で持参してきたおにぎりを食べようと思っていたのですが座れなかったので食べませんでした。(座ってのんびり食べたいので)
次に乗る列車で食べることにしました。

この列車も特に遅れることなく米原に着きました。
途中で乗ってきたカップルがイチャイチャして独り身の自分が悲しくなったりしましたが()

新快速に乗車!

米原に着くと向かい側のホームに既に乗り換えの列車が停まっていました。
ドアが開くと同時に隣にいたおっちゃんがダッシュします。
座りたいのは分かるけど恥ずかしくないんかなぁと思いつつ筆者はのんびり車両を撮影しました。


東海道本線 姫路行き 3463M 223系2000番台

前述の通りのんびり車両を撮影していた筆者ですが車内に入ると見事に空いている座席はありません。
ですが不幸中の幸い
補助席が使えたのでそちらを使わせてもらいます。
もちろん人が乗ってきたらちゃんと畳むつもりです。
持っていたおにぎりを平らげて暫くゆっくりできます。

草津で若い集団が乗ってきたのでここで補助席は畳みます。
会話を聞いているとどうやらこれから巣立っていく人たちのようです。
友人と最後の挨拶を終え降車していく姿はとても美しかったです。

そんな風に勝手に見送りを見物していたらあっという間に目的地の大阪に到着しました。
流石は特急キラーの異名を持つJR西日本の新快速ですね!

おわりに

今回はあっという間でしたね。
これも全て新快速のおかげです。
実は筆者以前滋賀県に住んでいたのですが、その頃はまだ幼くて電車に乗った記憶なんてほとんどありません。
あまり記憶には残っていないのですが不思議なもので懐かしいと感じました。

次回は大阪観光のお話をしようと思っています。
それではまた( ・∇・)ノシ♪

NijiPicoをフォローして最新のFeedを入手