自主制作映画で絵コンテが物凄く重要な理由

Episode #352

映画監督、役者などに憧れて自主制作映画を作ろうと思う学生のみなさんに伝えたいことがあります。必ず絵コンテを作ってから制作してください。そうしないとスケジュールが破綻します。今回は筆者が自主制作映画を学生同士で作ったときに得た教訓の一つをご紹介したいと思います。

絵コンテでその先のスケジュールが決まる

筆者は撮影・編集を担当したのですが制作期間が大幅に少ない、というのも2ヶ月で15分程度の作品を作る必要がありました。もちろん学校というものがあるため2ヶ月丸々つかえるわけではありません。完全下校時刻もあります。そんな中絵コンテを作らず、脚本ができた段階で撮影に移る必要がありました。

さて撮影が始まりましたがここで絵コンテがないのでぐだります。とにかくぐだります。その場で構図を決めなくてはいけないからです。ワンカット、ワンカット監督と相談して、待たされる役者のモチベーションもどんどん下がっていきます。

さて編集に移ります。今度はいちいちその場で決めてきた構図をどのようにまとめるか、という問題が出てきました。バラバラで一連性のない素材ばかりが集まってしまい大変なことになりました。それに、急いで撮っていたため撮影機材が写ってしまうという痛恨のミスも。また、パターンも1通りしかないためミスをしているところでもそのまま使うことになってまって結果的に作品の完成度を大きく下げることになってしまいました。

ここまでとことんぐだってきたため、ただでさえ少ない時間がもっと少なくなりました。これらは絵コンテがあればほぼ解決することができた問題です。自主制作映画を作ってみたいというそこの君は是非絵コンテを作り込むことをおすすめします。

NijiPicoをフォローして最新のFeedを入手