「Android O」の開発者プレビュー版が公開に!─バッテリーの効率化やアイコンの変更

Episode #453

3月21日(米国時間)にGoogleは次世代Androidである「Android O」というモバイルOSを公開しました。

Android Oの特徴

今回のAndroidは大まかにこのような部分の改善が行われました。

  • バッテリー使用の効率化
  • 通知に関する改善
  • マルチウィンドウの強化
  • デバイスに対してのアイコン形状の対応
  • アニメーションの対応

今回はアイコンとバッテリーについて見ていきたいと思います。

バッテリー使用の効率化

Android Oに搭載される「Background Execution Limits」というシステムによってバッテリーを長時間使用することが可能になりました。このシステムはバックグラウンで動くアプリケーションを制限するというものです。今回のOSではフォアグラウンドとバックグラウンドの区別がしっかりとされ、バックに回っていったシステムは数分以内に自動的にストップしてしまうようです。

しかし、SMS等の受信など一部の機能はバックグラウンドでも動き続けるように設計されたようです。

アイコンの形状の変化

Android Oではデバイスに応じたアニメーションやアイコンが適用されます。

このように丸いアイコンが適切なデバイスには丸いアイコンを、四角いアイコンが適切なデバイスには四角いアイコンをとデバイスごとに統一されています。また、アイコンサイズも異なり108×108dp(フォアグラウンド画像は72×72dp)となるようです。

まとめ

Androidにあった従来の問題点の一部が改善されたOSという気がします。また、今後のタブレット事業を見据えたマルチウィンドウも気になりました。筆者もこれから使っていきたいと思います。また、こちらは開発者プレビュー版になるためインストールされる方は自己責任でお願いします。データの破損等もありえますのでお気をつけください。

source:https://android-developers.googleblog.com/2017/03/first-preview-of-android-o.html

NijiPicoをフォローして最新のFeedを入手