日本でPokemonGOをプレイする方法

Episode #7

こんにちはページュンです。

今回はポケモンGOを日本でプレイする方法を紹介します。

はじめに言っておきますが今からするのはiPhoneの位置情報を偽造する方法です。

 

ではやっていきましょう。

まずは下準備から

一番初めに「iPhoneを探す」をオフにしてください。

「設定」⇒「iCloud」⇒「iPhoneを探す」でオフにすることができます。

これをしないとあとあと大変なことになります。

ここからはPCでの作業です

iphoneをiTunesでバックアップしてください。

これで下準備は完了です。

ここから本番です!

iBackupBotというものをインストールします。

下記リンクからインストールできます。

http://www.icopybot.com/itunes-backup-manager.htm

「iPhone/SystemFiles/HomeDomain/Libirary/Preferences」内にある『com.apple.Maps.plist』をダブルクリックします。

「Preferences」まで行って探しにくければ右上の検索窓「Search」部分に「com.apple.Maps.plist」をコピペで入れて探してください。

開くと変なウインドがでるのでキャンセルしてください。

</dict>の前に書きコードを挿入してください。

<dict> <key>__internal__PlaceCardLocationSimulation</key><true/>

以下全文になります。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd"> <plist version="1.0"> <dict> <key>__internal__PlaceCardLocationSimulation</key> <true/> </dict> </plist>

これで保存してください。

書き換えが終わったらバックアップデータの復元になります。

一番上の階層のフォルダを右クリックしてください。

最初の方で出てきた「iPhone/SystemFiles/HomeDomain/Libirary/Preferences」の先頭です。

右クリックして「Restore to device」をクリックします。

「Restore Options」が出てくるので「Full Restore」を選んで「OK」

これで第一段階は終了です。

次からは端末型の操作です

iPhoneに標準で入っているマップアプリを開きます。

どこでもいいので場所を選んでください。

ピンを刺した後に出てくるバーをタップしてください。

タップ後に表示されるページで下の方へ行くと「Simulate Location」があるのでタップします。

これで終了です。

 

お疲れ様でした。

上手くいかない方はもう一度チャレンジしてみてください。

疑問点等は質問していただければお答えします。

 

source:http://abikosan.com

NijiPicoをフォローして最新のFeedを入手