Androidの有料アプリは返金することができる!─詐欺アプリは返金してもらおう

Episode #314

広告や紹介文などでいかにもすごそうに書かれた有料アプリ。気になって買ってみたはいいものの聞いた話と違う!なんてことはありませんか?

世の中にはこのような詐欺アプリが沢山あります。買ったはいいが動作しない、なんてものは腐るほどあって中には最初から実装されてない正真正銘の詐欺アプリも存在するんですね。そんな時に救世主となる返金システムをご紹介します。

返金までの手順

今回はGoogleのヘルプページにそって解説していきます。方法は主に2つあります。

アプリのデベロッパーからサポートを受ける

デベロッパー、アプリの開発者からサポートを受ける事ができます。デベロッパーにサポートを受けられるのは以下の場合です。

  1. アプリについて質問がある。
  2. アプリ内購入を行ったのにアイテムが配信されない、または期待したとおりに動作しない。
  3. 払い戻しを希望していて、購入から 48 時間以上経過している。デベロッパーが購入に関するお問い合わせに対応し、ポリシーや適用される法律に従って払い戻し手続きを行います。

今回は2番の「期待したとおりに動作しない」に当てはまりますね。ですので、デベロッパーに問い合わせて返金手続きをしてもらいましょう。

Androidから問い合わせる方法

Playストアからデベロッパーに問い合わせることが可能です。以下の手順を踏んでください。

  1. Google Play ストア アプリ Google Play を起動します。
  2. アプリをブラウジングまたは検索します。
  3. アプリをタップして、詳細ページを開きます。
  4. [詳細はこちら] をタップします。
  5. 下にスクロールして、記載されている連絡先情報を確認します。
  6. 確認した連絡先に問い合わせます。

また、問い合わせの際に

  • 問題のアプリの名前
  • 発生している問題(詐欺られているものの詳細)
  • 希望する対応

を用意しておいてください。問い合わせは原則3営業日以内に返信されるようです。

PCから問い合わせる方法

  1. Google Play にアクセスします。
  2. アプリをブラウジングまたは検索します。
  3. アプリを見つけて選択し、詳細ページを開きます。
  4. 下にスクロールして、[その他の情報] を表示します。
  5. 記載されている連絡先情報を確認します。
  6. 確認した連絡先に問い合わせます。

こちらも上記同様の注意点があります。

Google Play のウェブサイトで払い戻しをリクエストする

アプリやコンテンツ購入時から48時間以内ですと払い戻しを受けることができます。また、48時間以降でも条件を満たせば払い戻しを受けることができます。

手順

まずは払い戻しの対象かどうかを確認します。

  1. パソコン、タブレット、スマートフォンでウェブブラウザ(Chrome や Safari など)を開きます。
  2. https://play.google.com/store/account にアクセスします。
  3. 必ず Google Play ストア アプリではなくウェブブラウザを使用してください。Google Play ストア アプリで払い戻しをリクエストすることはできません。
  4. [注文履歴] まで下にスクロールして、払い戻ししたい注文を探します。注文の右側にあるその他アイコン  を選択します。
  5. [問題を報告] を選択します。
  6. 当てはまる状況を選択してフォームに必要事項を記入し、払い戻しを希望する旨を明記します
  7. 「ご報告いただきありがとうございます」というメッセージが表示され、後ほど、払い戻しに関するメールが届きます。

 

届いたメールに従い、返金作業を進めます。

まとめ

いかがだったでしょうか。この方法はあくまでも理不尽にお金を払ってしまった人のための方法ですので悪用厳禁です(笑)もし、詐欺アプリを間違って購入してしまったらこの方法で是非、自分のお金を取り戻してください。

 

参考記事: Google Play で払い戻しを受ける
https://support.google.com/googleplay/answer/2479637
参考記事: 無題
https://support.google.com/googleplay/answer/113418

 

 

NijiPicoをフォローして最新のFeedを入手