【レビュー】ミュージックをまるでライブ会場で聴いているかのようにできる「Live Tunes」使い方と感想

Episode #324

今回はミュージックをまるでライブ会場で聞いているかのようにできるアプリLive Tunesというアプリを紹介しようと思います。

Live Tunesとは

Live TunesはiTunesで購入したミュージックを音響効果を駆使してスタジアムやアリーナ、クラブやバーなどとありとあらゆる会場を再現することができ、サウンドエフェクトによりライブ会場で実際に起こりうる観客の盛り上がりを再現することが出来ます。

好きな感覚で音楽を聴ける
というのがこのアプリの売りです。

Live Tunesの使い方

使い方は至ってシンプルです。

インストールしてから初めてアプリを開くとこのような感じです。

ここでライブ環境を選択することが可能です。
初期の段階で9種類ありました。

そしてを選択するとiTunesで購入したミュージックが選べます。
それでは早速劇場版ラブライブよりSUNNY DAY SONGを聴いてみましょう

曲を選択したらポップアップが出てきました(2回目以降は表示されないようです)

・画面を上にフリックすると会場を変えれる
・画面を左右にフリックすると曲が変えられる

指先1本で変更ができるのは便利ですね

早速試したのですが上にフリックすると確かに変更された感じに見えますが変更できていないのです…(実は途中まで変更できてないということに気づかなかった)
恐らく何かしらの不具合だとは思いますが修正早めにお願いします!

左右にフリックして曲を変更するのは先ほどとは違いちゃんと変更ができました。(当たり前だけど)

他にも様々なエフェクトがありますがこちらは有料の模様です。
アプリ内課金…ウッ…アタマガ
ご利用は計画的に(白目)

使ってみた感想

普段iTunesでは音楽を聴かないため滅多にスマホで音楽を聴くこと自体少ないので音楽が全然入っていなくて買っておけば良かったと後悔しました。

なかなかそれっぽく聴こえます。
ライブの映像を見ているような感じは出ますしそれ以外にもカフェやバーなどの環境を選ぶとなんとなくそん雰囲気が出ています。

とても有能+114514点

有料のエフェクトは沢山あってどれも目を引くものばかりでしたが筆者としてはデフォルトの9種類だけでも十分に満足できると思いました。

難点はやはり1部不具合があることですが早く修正されることを願います。

NijiPicoをフォローして最新のFeedを入手