[新商品]無印iPadは買いなのか!?─使用用途から見るiPadの必要性とAndroidとの比較

Episode #461

本日、満を持してiPadPro2が公開されました。今回はそのiPadPro2を詳しく見ていき、本当に買うに値する商品かどうかを見ていきましょう。

iPadの基本性能とデザイン

外観はこのような感じになっています。iPhone8で予想されているベゼル廃止は見られませんでした。

基本性能はこのようになっています。

プロセッサ Apple A9 + 組み込みM9
ディスプレイサイズ 9.7インチ
ストレージ 32GB / 128GB
物理サイズ 169.5 * 240 * 6.1mm
重量 Wi-Fiモデル:469 g
Wi-Fi + Cellularモデル:478 g
ディスプレイ解像度 2,048 x 1,536px, 264ppi
インターフェイス Lightningポート

もともと予想されていたものとは大きく異なりました。A10Xチップを搭載したiPadPro説が濃厚でしたが無印iPadとなる結果になりました。タイトルもシンプルにiPadとなっています。

また、注文は3月25日(日本時間)となっております。

買うべきなのかそうではないのか

ここからは本当にiPadを買うべきなのかどうかについて見ていきたいと思います。

iPadを持つ利点

iPadはアップル社が提供する「タブレット端末」です。ダブレット端末は現在、持ち運びに特化したPCとかんがえられることが多くなってきました。家電量販店の店員さんなんかはよくiPadを持ってることが多いですよね。

ではiPadはどのような人にどのような利益をもたらしてくれるのでしょう。

まず仕事道具として使われる方です。その携帯性の良さやパワフルな性能はビジネスマンの心を引くつけ多くの会社で取り入れられています。例えば

  • 顧客に設計図や見積もり書を見せる時
  • 取引先でプレゼンテーションをする時
  • 仕事で使う資料や書類等を管理する時

などでiPadは仕事の助けになるでしょう。

しかし、この新型iPadにする理由は果たしてあるのでしょうか。旧式のiPadが値下がりしている今、やはり旧モデルの方に手を出したくなります。ですがiPadを仕事道具として使うのであればそれは間違いなく損だと思います。仕事道具はケチってしまうとあとになって苦労します。スペックがあと少しで足りなかったり新機能が生産性に貢献するものっだったりということはザラにあります。やっぱりあの時最新のものにしておけばよかったということになる前に最新機種にすることをおすすめします。

さて今度は家庭用として見ていきましょう。家庭用の場合さほど最新機種に拘る必要はないと思います。なぜなら、使用用途が全く異なるからです。

家庭内で使用することを想定すると

  • 子供のおもちゃ
  • スマホ代わりに
  • 家族で動画視聴

などが挙げられます。これらのことはすべて旧モデルでも満足の行く状態で使えますし、直ぐにサポートが止まってしまうということもありません。ですので家計に優しい旧モデルをおすすめします。

AndroidタブレットとiPad

次にiPadとAndroidタブレットを見ていきましょう。

結論から言いますと仕事で使うのであればiPadを、家庭で使うのであればAndroidをおすすめします。

まず仕事として使うケースを見ていきます。仕事でiPadをおすすめした理由は3つあります。その3つとは

  • Apple製品ならではの同一シリーズという強み
  • セキュリティーがAndroidに比べて高い
  • 基本的に性能が良い

という点です。

まず同一シリーズの強みですが、社内でデータを共有したり上司から仕事の術を仰いだりするときに同一端末だとそれがスムーズに行えます。また、社内専用のシステムの導入も比較的簡単になります。また、Androidに比べて圧倒的にセキュリティーが高いことにより社内のデーターを安全に管理することができます。Androidですと購入した時点ですでにマルウェアに感染していたなんてこともありえます。さらに基本的に性能が高いです。仕事で急いでいるときにAndroidのタブレットだとカクついてしまう可能性があります。もちろんAndroidタブレットの中にも高品質で高スペックな商品はたくさんありますが、安いものが多く存在するのも事実です。

ではなぜ筆者が家庭ではAndroidをおすすめするのかと言いますと「バリエーション」が豊富だからです。値段やメーカーなどを使用用途によって決めることができるので無駄なお金を払う必要がありません。

結論

結局のところ今回の無印iPadはどんな人が買いなのかというと「ビジネスで使う」人におすすめです。ですので仕事でiPadを使う予定の方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

photo by Yagan Kiely

NijiPicoをフォローして最新のFeedを入手