Vine、予告通りサービス終了──既存アプリはアップデートで撮影限定「Vine Camera」へ

Episode #309

昨年から発表されていた6.5秒動画アプリ「Vine」ですが、今年1月5日に発表があったように本日1月18日にサービスを終了し、今後は撮影限定の「Vine Camera」を提供することになりました。

6.5秒ループ動画投稿サービス「Vine」、現地時間1月17日でサービスを終了。6.5秒動画の制作は「Vine Camera」で可能 | ガジェットライフ
http://gadget-life.xyz/archives/3273

Vine Cameraへのアップデート

昨日昼までのVineインストール画面は以前の緑アイコンでしたが、現地時間で17日を迎えた今日確認してみたところ黒いアイコンになっていました。

 

インストールし確認してみたところ、表示名は「Vine」から「Vine Camera」へ。どうやら新規にアプリをリリースしたわけでは無く、既存のVineをVine Cameraへとアップデートしたようです。

Vine Cameraの使い方

Vine Cameraは従来のVineとは違い、Twitterとの連携が不必要なようです。そのため以前までのフォロー機能や、プロフィール機能もありません。

 

利用規約への同意を求められるので「同意する」をタップ。

アクセス許可を求められます。「続ける」をタップ。

カメラへのアクセスを許可します。「OK」をタップ。

マイクへのアクセスを許可します。「OK」をタップ。

Vine Cameraではチュートリアルが用意されているようです。動画の撮影方法はこちらから、既知の方は右下からスキップできます。

撮影画面はこんな感じ。従来のVineと代わりありません。

撮影が終わったVineは、投稿の代わりにTwitterで共有できます。そのため、これまでとはプラットフォームが変わっただけでVineというコンテンツ自体は消えていません。

筆者が試しにアップロードしてみました。

尚、Twitterにアップロードする以外にもカメラロールに保存すれば他のSNSにもシェアできます!

これまでに投稿されていたVineを見る方法

Vineのアプリ版は無くなってしまいましたが、これまでのアーカイブはWeb版Vineから見ることが出来ます。

ここからは投稿は出来ませんが、アップロードされたすべてのVineを確認できるようです。こちらもいつ無くなってしまうか分からないので早めに保存しておくことをオススメいたします。

Vine
Vine
Price: Free
Vine Camera
Vine Camera
Developer: Vine Labs
Price: Free

 

Vine Update – Medium
https://medium.com/@vine/vine-update-59426a5adfab

© 2017 Vine Labs, Inc.

NijiPicoをフォローして最新のFeedを入手