みんな気になる「iMac Pro」はこんなデバイスだ!─スペックや特徴、比較など

Episode #265

本日行われましたWWDC17にて新型iMacであるiMac Proが発表されました。ここでは、詳しい技術仕様やその特徴などを見ていきましょう。

基本スペック

ディスプレイ

5K Retinaディスプレイ」を採用しています。
  • 27インチ(対角)Retina 5Kディスプレイ
  • 5,120 x 2,880ピクセル解像度、数十億色以上対応
  • 500ニトの輝度
  • 広色域(P3)

などといった構成になっています。

プロセッサー

8コア、10コア。18コアの「Xeonプロセッサー」となっており、いかにもプロ仕様のスペックといった感じです。

メモリ

32GBでオプションで64GBまたは128GBに変更することができます。

ストレージ

1TBが基本スペックとなっています。オプションで2TBまたは4TB SSDに変更可能となっています。

グラフィックス

  • Radeon Pro Vega 56グラフィックプロセッサ
    (8GB HBM2メモリ搭載)
  • オプション:Radeon Pro Vega 64グラフィックプロセッサ(16GB HBM2メモリ搭載)に変更可能
  • 本体ディスプレイで標準解像度(十億色対応)と以下を同時サポート:
    • 2台の外部ディスプレイで5,120 x 2,880ピクセル解像度(5K)、60Hz、十億色対応、または
    • 4台の外部ディスプレイで3,840 x 2,160ピクセル解像度(4K UHD)、60Hz、十億色対応、または
    • 4台の外部ディスプレイで4,096 x 2,304ピクセル解像度(4K)、60Hz、数百万色以上対応
  • 拡張デスクトップおよびビデオミラーリングモードに対応
    • Thunderbolt 3デジタルビデオ出力
    • USB-C経由でDisplayPort出力に標準対応
    • アダプタ(別売り)を使用したVGA、HDMI、DVI、Thunderbolt 2出力に対応

特徴

このiMac Proの最大の特徴はなんといってもそのスペックの高さです!

今までにないMacPro以上のスペックになってしまいもはやMacProを購入する必要がなくなったといっても過言でないレベルです。グラフィックも進化し「VR」にも対応してきました。

比較

ざっくりとではございますが、本日発表されたiMacとの比較をご紹介します。

  • 27インチ(対角)LEDバックライトRetina 5Kディスプレイ
  • 3.4GHz、3.5GHz、または3.8GHzクアッドコアIntel Core i5、または4.2GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ
    Turbo Boost使用時最大4.5GHz
  • 1TB、2TBまたは3TB Fusion Drive、または最大2TBのSSD2
通常のiMacですとこのような構成になっています。まず初めにCPUに着眼してみるとこちらではCore iシリーズのCPUが使われていますが、あちらは基本的にサーバーで使うようなXeonというCPUを使っています。その時点でもう比較できた物ではないのですがその他、メモリ・ストレージ・GPUなどあらゆる点においてiMacProが勝っています。
ここで気を付けていただきたいのがその価格です。まず通常のiMacですが最高で「2,299ドル」となります。一方iMac Proですがなんとその価格「4,999ドル」となっております。

まとめ

いろいろとロマンのあるスペックや価格になっていましたね。筆者も少しばかり気になっています。発売は12月なのでゆっくり考える時間がありそうです!

NijiPicoをフォローして最新のFeedを入手