【Zenfone2】JP版にAndroid 6.0 (Marshmallow)が来た!

Episode #91

Zenfone2日本版のAndroid™6.0 (Marshmallow)

昨日、ついにZenfone2 JP版(日本版)にAndroid 6.0(Marshmallow)のアップデートソフトウェアが公式サイトに掲載されました。

WW版のアップグレードのときは、文鎮化したりするなど問題が発生していたZenfone2 androidM化ですが今回は問題が発生しないことを願うばかりです。

12/29追記
このファームウェアには複数のアプリが起動しなくなる不具合があります。

詳しくは以下をご覧ください。

アップデートソフトウェア入手

OTAはまだ配布されていません。アップデートには自分でzipファイルをダウンロードする必要があります。

リンクは以下です。

公式:https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone_2_ZE551ML/HelpDesk_Download/

please selectOS → Android → ファームウエア → バージョン JP-4.21.40.196 からダウンロードしてください

以下に直リンミラーも用意しました。

ミラー1(googledrive): https://drive.google.com/open?id=0B9VoSu2eh2QEYUthT2hHZ0VLNUE

ミラー2(dropbox): https://www.dropbox.com/s/9g4k6178jhw947g/UL-Z00A-JP-4.21.40.196-user.zip?dl=0

このファイルのMD5は以下のとおりです

1ff03dfcf6ec617fb27400c2b1ad1ea0

アップデートの手順

重要】すでにOSがAndroidLの最新版(2.20.40.197)であることを確認します。そうでない場合はまず2.20.40.197にアップデートします。

重要】事前にSDカードに移動した全てのアプリを本体に戻します。

重要】すべてのデータをバックアップします。

アップデートファイルをダウンロードします。

PCとZenfoneをUSBケーブルで繋ぎます。

SDカードのルートディレクトリにアップデートファイルを配置します。

すると、しばらくしてZenfoneの画面にアップデートのための画面が表示されます。

画面に従ってアップデートします。

自動で再起動し、ドロイド君が表示されます。しばらくすると再び再起動し、アプリの最適化が始まります。その後いつものロック画面に戻ってきます。

AndroidMにしてかわったこと!

 → 

APP2SD
APP2SDが利用できなくなります。しかし、その代替機能であるSDカードを内部ストレージ化する機能はZenfone2では無効化されているため利用できません。
マルチユーザー機能
アップデート前に事前にマルチユーザー機能をセットアップしていた場合を除き、マルチユーザー機能が利用できなくなります。
プリインストールアプリの変更
プリインストールアプリが一部廃止され、新しいアプリが追加されます。
削除:Asus Email, Asus Calendar, Asus Messaging, Asus Browser, Asus Music
追加:Google Calendar, Google Messenger, Facebook, Facebook messenger, Instagram
フォント
AndroidMから、標準で使用されるフォントがモトヤフォントからNoto Sansフォントに変更になっています。このフォントは以前のモトヤフォントより角ばっており、気に入らない人もいるかと思います。そこで、ルート不要でフォントをモトヤフォントに戻す方法を記事にしました。こちらをご覧ください。
スクリーンショットの命名規則
この記事を書いていて気づいたのですが、スクリーンショットの命名規則がScreenshot_年-月-日-時-分-秒からScreenshot_年月日-時分秒に変更されていました。
アプリへの権限付与
 
Mashmallowから、権限はインストール時ではなく初回使用時に求められるよう変更されたようです。
アプリ権限の個別取り消し
アプリの権限を個別で取り消すことが可能になりました。アプリ情報→許可から可能です。
ロック画面のロック解除パターンのあれ

パターンロックを解除するときのポイントポイントに丸がつくようになったようです。
キャリア名表示
上の画像のように以前は常にNTT DOCOMO / NTT DOCOMOと2つ表示されていたのが一つになりました。
設定項目の追加
  
設定の項目にメモリの項目が加わりました。各アプリのメモリ使用状況が簡単にわかります。
アプリの規定で開くの設定
今まで設定のリセットしかなかったアプリの規定設定ですが設定画面から規定を設定できるようになりました。
アプリ情報画面
アプリ情報の画面が大幅に強化され、ここから確認、設定できる項目が多くなりました。ストレージ使用量や権限のみならず、データ使用量や電池、メモリの使用量なども確認できるようになりました。
多少の文字の変更
通知バーの「通知を消去」ボタンの文字が「消去」だけになっていました。
音量調整
音量調整の際のuiが変わっていました。
USB接続モードの追加
USB接続時のモード設定に今までにはなかったmidiという選択肢ができていました。おそらくmidi入力に対応したデバイスをAndroidから演奏できるということだと思うのですが、詳細は調査中です。

 

その他

OSをアップデートすると、デベロッパーモードが解除されていました。再びビルド番号を連打しておきましょう。

このアップデートを機にOSの64bit化もなされるかと思っていましたが、32bitのままでした。

 

随時追記中…

©Google

NijiPicoをフォローして最新のFeedを入手